· 

木材の性質は何で決まる?


ホームセンターなどに行くと、いろんな種類の木材があります。

いったいどのような違いがあるのでしょうか。

実は、樹木の種類によって木の特性が大きく異なるのです。

 

ここでは樹木の種類、特性、木の長所、そして板目・柾目の違いについて見ていきましょう。

 


針葉樹と広葉樹

長野県 杉の大木
長野県 杉の大木

理科の授業で習った「針葉樹」と「広葉樹」。材木として使用される樹木には、主にこの2種類があります。

 

大まかな見分け方は、針葉樹が杉のようにまっすぐ育ち、尖った葉のものが多いのに対し、広葉樹は桜のように、途中で枝分かれし、幅の広い葉を持つことです。

 

この針葉樹と広葉樹がなぜ重要なのでしょうか?

それはどちらの種類かで大まかに木の特性を説明できるからです。

 

例外もありますが、針葉樹には柔らかい材質のものが多く、軽くて肌触りがいいという特徴もあります。一方、広葉樹は硬く、重さと強度も備え、傷がつきにくいという特性があります。

 

人気の高いヒノキは針葉樹です。肌触りが良く、心地いい木の香がするヒノキは針葉樹の良い特性を備えているといえます。

 

 

 

木で物を作る時には、その製品の用途により、木の特性、サイズ、値段を考えて材料を決めます。

一般的に、住宅の建材では、柱のようにまっすぐな木材が必要なケースは針葉樹、床のように強度があり傷がつきにくい方がいい所では、広葉樹が使われます。

 

弊社では、工場内で製材できる強みを生かし、無垢の素材を使用した製品を作ることが多いです。無垢の素材は木の性質がそのまま製品に反映されるので、材料を選ぶ段階での目利きが重要になります。

  

広島城の松
広島城の松

*針葉樹*

ヒノキ、スギ、アカマツなど松の種類、ヒバ、モミ、サワラ、ネズコ、アスナロ、ツガ

広島城の桜
広島城の桜

*広葉樹*

ブナ、サクラ、ケヤキ、キリ、マカバ、カツラ、トチ、カシ、オーク、ウォールナット、チーク、マホガニー



木材の長所

被爆樹木「クロガネモチ」
被爆樹木「クロガネモチ」

木の製品の良い所とはなんでしょうか。

 

・温かみがある

・触り心地がいい

・木の香りが落ち着く

・軽い

・環境負荷が少ない

 

これらは木に共通する長所です。

 

 

「温かみがある」という感覚は、実は見た目だけではありません。実際に木には高い断熱性があるため、触ったときに体温を奪いません。

 

この断熱性は、木がその細胞の中に小さい空間を備えているからです。

二重サッシが間に空間があるおかげで断熱性が高まるのと同じですね。

 

 

また熱を伝えにくいという特性があります。

よく鍋の取っ手が木製になっていることがありますが、これは木だと熱くなりにくいからです。

 

また木は軽くて強度があるという特徴があります。

強度ならコンクリートや鉄のほうが高いでしょ、と思うかもしれません。

しかし通常、物質は重くなると強度が上がります。つまり同じ重さで比較したらどうでしょう。

その場合の木材の優秀さは実はダントツです。

だから木で家も建てられるんですね。

 


柾目と板目

山から切り出した原木は製材し材木にします。

この工程については「木の伐採から材木ができるまで」で詳しく説明しています。

 

製材し切り出すと、木には年輪があるので、木目(もくめ)となって現れます。

 

デザイン的にも重要な木目ですが、製材によって切り出したときに表面に現れる木目の向きで、柾目(まさめ)と板目(いため)に分けられます。

もみの木柾目
柾目(もみの木)

柾目(まさめ)とは

 

柾目は、中心に対して直角に製材したときにできます。

まっすぐな直線が何本も並んでいるような木目です。

 

反りが出にくいので扱いやすいですが、一本の丸太からとれる柾目の部材は限られるため必然的に量が少なく、値段も高くなります。

ヒノキ板目
板目(ヒノキ)

板目(いため)とは

 

中心からずらしてとるため、曲線状の模様が重なったような木目になります。

柾目材より反りやすく、加工後に変形しやすい性質があります。

 

ただし、中心以外のどこからでも取れるため、柾目より安価な傾向です。

 

木らしい、味わい深い模様が楽しめるのが板目です。



いかがでしたか。

 

木の種類がいろいろあるだけでなく、それぞれ違った特性があり、製材によってもその性質が変わってくることをご説明しました。

当然、杉、桜、松など個々の木の特性もあります。

 

木は生きた素材です。ひとつひとつが違っているので、よく個性を理解し素材を活かす必要があります。


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

このページが参考になったら、ぜひ下のボタンでシェアしていただけると嬉しいです!